自分の歯を長持ちさせるにはどうしたらよいのでしょうか。

虫歯や歯周病は細菌による感染症です。

私たちのお口の中には、常在菌といって常に細菌が住み着いています。それらの細菌が何らかの原因(ブラッシング不足、食生活の乱れ、体調の変化など)によって増えます。虫歯の原因菌が増えれば虫歯に、歯周病菌が増えれば歯周病になります。

虫歯ができてしまったら

虫歯は放っておいても自然治癒しません。虫歯は早期発見できれば、より簡単な治療で終わります。削って詰めて、その日で終わります。しかし、虫歯の菌が歯の根にいってしまうと、根管治療というやっかいな治療が始まります。さらに歯の根まで虫歯菌で崩壊されてしまうと、その歯を残すことは難しくなります。早期発見が大事です。

根管治療、マイクロスコープを使った治療

根管(歯の根っこの部分)は、歯の神経が通っている管です。虫歯が深くなり、虫歯菌が根管内に入ってしまうと、神経を取りその管の中をきれいに消毒しなくてはいけません。根管内は細く長いので肉眼での治療には限界があります。マイクロスコープを使うと今まで見えなかったものが確認でき、より多くの情報を得ることができます。その結果、より良い治療ができ、歯の寿命を延ばすことができるかもしれません。

歯間ブラシやフロスは使った方がいいの?

歯ブラシだけでは、歯と歯の間のプラーク(細菌)を取り除くことは難しいです。歯間ブラシやフロスなどが必要になります。歯と歯の間がぴったりしている人はフロスを、間が空いている人は歯間ブラシを使うとよいです。歯ブラシ以外の補助器具は種類がいろいろあり、サイズなどもありますので、歯科医院でアドバイスをしてもらうと良いでしょう。定期検診は虫歯、歯周病のチェック、歯ブラシの当たりにくい所などのクリーニング、ブラッシング指導など、歯を長く持たせるための大切な時間になります。

根管治療は、深い虫歯や歯の亀裂、外傷などで、歯の根っこに炎症や感染を起こしたときに必要な治療です。治療を行わないと、全身的な感染を起こす可能性があります。