インプラントのメリットと治療方法について

インプラントにはどんなメリットがあるのか?

失った歯と取り戻せるとして人気を集めているインプラント治療には、どのようなメリットがあるのでしょうか。そもそもインプラントとは、人口の歯根を骨の部分まで埋め込んで、セラミックでできた歯を取り付ける治療法です。そんなインプラント治療の大きなメリットは、色が白く、強度に優れた歯を手に入れられることです。もともとあった歯よりも白くすることが可能で、印象も良くなります。また、インプラントは1本1本が独立した歯なので、他の歯に悪影響を及ぼすことがありません。これも大きなメリットだと言えるでしょう。その他、劣化しにくいことや、天然の歯と同様にお手入れできること、さらにアレルギーが起こりにくいという利点もあります。とても優れた歯の治療法なので、今後も益々インプラント治療を受ける人が増えることでしょう。

インプラント治療の流れ

インプラントは人工の歯を取り付けるという重要な治療法であるため、初診を受けた時にすぐ始められないのが一般的です。まずはカウセリングを行い、治療の内容について話し合われます。その後レントゲン検査などを行い、歯や顎の骨の状態を確認した上で、総合的に見てインプラント治療が可能だと判断された場合に、治療が可能になるわけです。そして最初に行われる手術が、人工歯根の埋め込みです。一定期間を経て人工歯根と骨が完全に結合されたら、セラミック製の人工歯を装着します。後は噛み合わせの確認や調整が行われ、インプラント治療が完了となります。

杉並区で行うインプラントならば、歯科の選択肢が豊富ですから、満足度が高くなります。あらかじめ費用を見比べてから歯科を選びましょう。