審美歯科治療によって白い歯を手にする方法とは

審美歯科に関する基礎知識

審美歯科と言いますのは通常歯科医院で為される虫歯、あるいは歯周病のケアではなく、ホワイトニングもしくは歯列矯正といった外見上の美しさに重きを置いた歯科治療ということを意味します。歯の白さそして歯並びのうつくしさなどは対象者の印象という形で非常に強く残りますので、芸能人とかモデルのみならず一般人でも口元のクリーンさを手にしたいと希望される方は多いです。一切合切の歯科医院で審美歯科治療を展開しているわけではありませんので、日常利用している歯科医院が審美歯科治療をしていないケースでは別の歯科医院を探しだすことが必要です。

ホワイトニングやセラミックのクラウンで綺麗にします

歯については食事、あるいはタバコ若しくは年齢と共に変色します。そうした場合でもホワイトニング治療をすることで歯を白くすることが可能です。ホワイトニング治療は歯科医院を利用することによって遂行するオフィスホワイトニングと家の中で行うホームホワイトニングが存在します。オフィスホワイトニングのほうが活用する薬剤の濃度が非常に高いのでスピーディーに歯を白くすることが可能です。ホームホワイトニングについては2週間ぐらい利用すれば有効性が実感出来ますし、オフィスホワイトニングと比較して持続的効果が長いといえます。それから、審美歯科ではセラミックのクラウンを介して歯並びや歯の色などを改善することが出来ます。元々の歯を削り取り、上からセラミックのクラウンを被せますので、とても惹きつけられる歯を入手出来ます。さらに変色、あるいは変形といった経年変化も起こさ無いので、長い期間クリーンな歯を保持することが可能です。

セレックは歯科用CADとも呼ばれ、歯型を取らずにセラミック製の修復材を製作出来る機器となります。修復材がその場で出来上がるので、治療時間の大幅な短縮が図れる点が特徴となります。